Entry: main  << >>
踊りましょう
 
 
パリmeetsトゥーソン/アリゾナ、そして連れて行かれた先はブラジルで
そこに咲いていたのは、一輪の紅いカメリア…
「愛」を名前に持つ、フランス人SSWの3枚めのアルバム
「セルジュ・ゲーンズブルグに片目をつぶってみせる」とプレスにもありますが
ほどよく乾いたエロと、甘過ぎない感傷のさじ加減が絶妙です
発売は晩夏でしたが、陽射しがますます透き通ってゆくこれからの季節に是非

発売されたばかりの Gofish 「とてもいいこと」も
いっしょに届いてます

 弦楽二重奏に浮かぶ静けさのシンガー・ソングライター
 テライショウタ=Gofishの嘘のような本当の音楽

以上はSweetdreamsのプレスよりですが
これまた
コオロギの声が夜ごとに間遠くなってゆくこの季節にふさわしい
ちいさな声のほんとうの歌、試聴もお気軽に申し付けてくださいね


椿の種類は数多ありますが、『ダンソン』(踊りましょう)のジャケットの一輪は
くどすぎない八重のすっきりした感じが、庭の一本によく似ています
積もった雪で世界がホワイトアウトする日々より、ずいぶん前に咲いたこの花に
椿を愛した義父が早くも偲ばれて、今夜も娘と手をとりあって踊ってます




| pinon-pinon | 09:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode